スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【jcpad】運用する上で、便利なTool~エディタ編~

運用業務をしている私が、便利だなと思ってよく使うTool類をダラダラと
書いていこうと思っています。私にとっては、とても使いやすいTool類です!

で、今回もエディターですが、Javaのコードを書くときに
よく使うんですが、『CPad for Java2 SDK』です。

以下のページが開発者様のページとなります。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA017148/


EclipseやNetBeansなどのIDE(統合開発環境)を使って、Javaのコードを
書いてもいいんですが、起動に時間がかかるという点と、
IDEを使う程の規模のコードを書かないというのもあるし(それってどの程度だよ!ってのもありますが。。。)、
なれていないというのもあるし、エディタのほうがシンプルだし、
エディタ好きだし、さっと書いて、さっと動かす感じが好きなので、使っています。

予約語とかは、色が変わってわかりやすく、すぐ起動するので、
プログラムを書くのが仕事ではない私にもプログラムを身近にしてくれます。

基本、Javaはjcpadで書かせて頂いております。
開発者様ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

【UnEditor】運用する上で、便利なTool~エディタ編~

運用業務をしている私が、便利だなと思ってよく使うTool類をダラダラと
書いていこうと思っています。私にとっては、とても使いやすいTool類です!

で、今回はエディターですが、何種類か使っています。
その中で、よく起動するエディタが『UnEditor』です。

以下のページ内から、ダウンロードが可能です。
http://www.yokkasoft.net/



タブブラウザみたいに、複数のファイルを表示させることができ、
Diff機能や正規表現検索などの機能をもっているタブエディタです。

ある程度の拡張子に対応していて、PerlやJava・htmlなど毎に、
ポイントとなる部分は、色が変わったり、太字に自動でなってくれて非常に便利です。
またif文等を利用した際の{(波括弧)などは、その括弧部分に合わせると
閉じる部分や開始する部分が赤太字に変更され、どこで閉じているかが判断できるのも便利です。

文字コードなどを変更して、開きなおすこともできますし、何行目・何文字目かもわかります。

ほとんどのテキストをUnEditorで開いています。
開発者様ありがとうございます。

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

Wordの変更履歴

あまりOfficeを使って作業することがないので、自分の為にメモ。
既存の文書を変更を行う時に変更履歴を残すには、以下の方法で。

[ツール] メニューより、[変更履歴の記録] を押下して、履歴管理する。

ちなみに[Windowsキー]+[r]で、『winword』でWordが起動する。

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

日本語は難しい。。。

パソコンを普段ほとんど触らない人に、Excel操作を教えていた際に起こったことですが、、、

Excelのセル内で、足し算をして、結果を表示させたいとの質問を受けました。
(以下のようなことをセル内に書きたいとのことでした)
=10+10


で、以下のように伝えました。
『Shiftを押して、キーボードの=部分を押して、10・・・・』



で、結果は以下のような入力になっていました。
-10;10




『・・・・・・』
ようは、『Shiftを押して・・・』を以下の動作で実行していたようです。
  ↓
Shiftを押して、離して、=部分を押下して・・・・と。

日本語って、難しいですね。。。(私の伝え方がいけなかっただけですが。。。)

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

Windowsのプロセスを調べてみました。

タスクマネージャに表示されるプロセスがなんとなく気になったので、
メモリ使用量が高いやつを少し調べてみましたので、メモ。

firefox.exe
 Firefoxのプロセスのようです。

Rtvscan.exe
 SymantecAntivirusのプロセスのようです。

explorer.exe
 デスクトップやタスクバーなどの機能を提供しているプロセスのようです。

svchost.exe
 OS内の各種サービスを起動するための親となるプロセスのようです。
 OS起動時に、svchost.exe経由で、各種ネットワーク・サービスが起動するようです。
 Windows XP Professional sp2 であれば、レジストリの以下のパスで、
  起動するサービスがなんとなくわかるようです。(名前がグループで、データが起動するサービス)
 <HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\SvcHost>
 
 この特性を利用して、ウィルスが偽装している場合もあるようです。

csrss.exe
 Windowsのグラフィック関連のコマンドに必要なプロセスのようです。

CcmExec.exe
 Microsoft SMSオペレーティングシステムサービスの一部分のプロセスのようです。
 『Short Message Service』の略ではなくて、『Systems Management Server』の略です。
 SMS自体は、クライアント管理サービスを提供するようなので、CcmExec.exeは、
  そのエージェントプロセスということかな??

ccApp.exe
 Norton AntiVirus の実行ファイルのプロセスのようです。

っと、自分で入れたアプリはとりあえず、ほとんど省いていますが、ここまでが、
メモリ使用量10MB以上のプロセスです。

ちなみに『System Idle Process』は、CPUの空き状態を示すプロセスです。。。

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

Internal Server Error 《error code:500》

PerlでCGIを作成する。
うまく動いている。
ちょっと既存のコードを変更して
再読み込みを行ったら、ブラウザから
『Internal Server Error』が出力。。。

こんなことが結構発生したりします。
で、こんなことが原因だったということを書いていこうかと。

私にとって、
『Internal Server Error』とは、全部自分のミスが原因で発生するもので、
しかも原因がすぐに見つからないものです。
(原因がわかると、こんなことでorz・・・というミスばかりですが。。。)

で、私がやったことがあるミスは、以下2つです。

<CGIのパーミッションを777にしている>

私が使っているサーバの環境下だと755でしか動きません。
自分しか使わないからと安易な気持ちでファイルを777で作成して、
エラーに陥るパターンです。


<Content-typeの部分のprintが置換されている場合>

下に今回使ったコードを記載しているわけですが、
printで出力していた部分に一工夫したくなり、ちゃんと修正すればいいのに、
やはり自分しか使わないから心で、printしている部分を配列とかに格納するようにして、
再度ループさせて、一工夫加えたテキストを出力したりします。

で、printしている部分を配列格納とかに変更する際に、一括置換とかしてしまいます。
当然Content-typeの2行分も配列格納になり、一工夫加えられ、めでたくエラーが出力されると。。。
しかもContent-typeの部分を置換する気はないのに置換されているから、まったく気づかないと。。。

<今後>
ちゃんとやろうと思います。

<こんな感じ>

#!/usr/bin/perl

$html = "test.html";
open(READ, "$html") or die "Can't open $!";

# ここから2行のprintを置換したりしてしまう。。。
print "Content-type: text/html\n\n";
print "<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html;charset=Shift_JIS\">\n\n";
foreach $out(<READ>){
print $out;
}

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

【Java】Javaは、全角数字も数字として判断できると知りました。

以前に書いた記事にコメントがついており(名無しの方)、
親切にもコードが書いてありました。(ありがとうございます!)
その中に知らないメソッドがあり、そのメソッドが便利だと思いましたので、
自分のメモ的・勉強を兼ねてエントリー。

<便利だと思ったメソッド>
・lastIndexOf
 引数によって、多少意味合いが異なってきますが、指定した文字列が一番右に
  出現する位置のインデックスを返す。(intで返す。)
 今回はその返り値を利用して、substringで必要な数字を引き出しています。
 ※+1しないと、,(カンマ)も含まれてしまう為に+1している。

<コメント欄に書かれていたコードを引用してちょっと変更したコード>

import java.util.*;

public class Sort implements Comparator {
public static void main(String[] args) {
Sort sort = new Sort();
sort.execution();
}

public void execution() {
ArrayList<String> data = new ArrayList<String>();
data.add("あいう,24,10");
data.add("test,8,7");
data.add("機械,20,9");
data.add("スーパー,14,11");
data.add("レスキュー,5,21");

Collections.sort(data, this);

for (String element : data) {
System.out.println(element);
}
}

public int compare(String o1, String o2) {
Integer key1 = new Integer(o1.substring(o1.lastIndexOf(',') + 1));
Integer key2 = new Integer(o2.substring(o2.lastIndexOf(',') + 1));

return key2.compareTo(key1);
}
}


上記コードを実行すると、自分的に ちょっと凄いことが発生しました。
全角の10が、ちゃんと10として認識しています。

で、文字か数字か判定するメソッドがあるので、確認してみる。
※isDigitメソッドを使うと、数字ならtrueを 数字以外ならfalseを返す。

class Test{
public static void main(String [] args){
char c = '7';
System.out.println(Character.isDigit(c));
}
}


で、「true」が返ってくると。。。
Javaの新たな一面を発見・・・。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

【Java】ディレクトリ配下のファイルを処理する

ディレクトリ配下に複数の拡張子を持つファイルがあり、
特定の拡張子を持つファイルのみ処理しなければならない時に
こんな感じのコードを書きました。


import java.io.*;

class Test{
public static void main(String [] args){
File directory = new File("TESTS"); // 読み込むディレクトリ
File [] dir = directory.listFiles();
for(File f : dir){
if(f.isFile()){ // ファイルか判定
if(f.toString().endsWith(".txt")) // 拡張子がtxtのファイルのみを扱う
// ここに処理を記述
System.out.println(f);
}else{
// ファイルじゃなければの処理。
// 複数ディレクトリがあり、そのディレクトリも処理しなくてはいけない時は、
// この記述方法では、キツイと思います。
}
}
}
}

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

unyouman

Author:unyouman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。